クレジットカードの海外旅行保険で補償は十分なのか?

海外旅行保険には入るべきでしょうか? 」

あってはほしくないことですが、旅行先での万一のケガや病気などのアクシデント考え、海外旅行保険について検討する機会があると思います。このページをご覧のあなたも、そんなおひとりでしょう。

 

そこで、ご紹介するのがクレジットカードです。知っている人は知っていることですが、クレジットカードの種類によりますが、海外旅行保険が付帯しているものがあります。しかも…

 

  • 海外旅行保険が付帯しているのに、年会費が無料のクレジットカード
  • 旅行代金の決済に使わなくても(自動付帯)、もっているだけで万一のときに保証されます
  • 複数枚もつだけで、保証額を合算できます
  • さらに、クレジットカードの発行でポイントを貯めることもできます

重要な順にひとつずつご紹介しましょう。

 

1.海外旅行保険とは?

カード海外旅行保険が補償するのは、大きく次の4つっです。

  • からだ(死亡・病気ケガなど)の補償
  • 第三者に対する損害賠償
  • 物(盗難、故障など)の損害補償
  • その他の補償

なかでも 重要なのは、病気やケガなど体の保証 です。というのも、耳にしたことがあると思いますが、海外の治療費は日本と比べてとても高額です。例えば、盲腸の手術を欧米で受けるとおおよそ100~300万円かかるようです。また、日本と違って救急車も有料というケース(地域)もあり、入院の場合の費用も高額です。

したがって、死亡保障はもちろんですが、病気やケガの保証を手厚くする必要があります。しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、保険会社で加入す保険と比べ、治療費等の金額が低額になります。例えば一般的保険と楽天カードを比べると、次のような傾向となります。

 

保険会社加入の保険 楽天カード
 傷害死亡 3000万円 2,000万円
 傷害後遺障害 最高3000万円 2,000万円
 傷害治療費用 無制限 200万円
 疾病治療費用 無制限 200万円
 疾病死亡 1000万円

 

一般に、上記のようにケガと病気の治療費用を無制限にした場合、ひとりおおよそ1~2万円の保険料がかかります。2人で2~4万。家族4人なら4~8万円ですから、誰もが「う~ん、どうしようかな…」となってしまいうのは自然なことでしょう。

※ あくまで私見ですが、「疾病死亡」については、病気でありながら海外旅行に行くこと自体に問題がありますので、疾病死亡補償があるかないかは関係ではないと思われます。

ですが、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険でも、合算させる 補償内容、補償金額を充実させることが可能です 

 

2.クレジットカードの補償は合算が可能!

 実は、クレジットカードの病気やケガの治療費用などの補償は合算することができます 。これは病気やケガの治療費用だけでなく、救援者費用、賠償責任や携行品損害もまた、クレジットカードごとの補償額が合算されて増加する仕組みになります。

これは日本損害保険協会のホームページにも記載がありますが、次のような内容です。

一方で、死亡・後遺障害の補償金額は合算ができません。死亡・後遺障害は、カードの中で最も高い補償額が限度額とされます。ただし、クレジットカードと保険会社の旅行保険の組み合わせなら、上記の病気やケガの治療費はもちろん、死亡・後遺障害の補償も合算できます。

日本損害保険協会のHPにも記載されているように、クレジットカード付帯の保険で補償内容が不足している部分のみ一般の海外旅行傷害保険を追加して契約することもできます。必要な補償だけを選べるバラ売り商品がありますから、心配な方はこれらをうまく活用すると安心でしょう。

 

3.申し込むべきクレジットカードとは?
  • カード付帯の海外旅行保険のみを利用する場合
  • 一般の海外旅行保険を契約する場合

このどちらのケースでも、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを持てば持つほど補償が手厚くなることがお解りいただけたと思います。ただし、申し込むべきクレジットカードは自ずと限られてきます。というのも、重要なのは次のポイントです。

  • 年会費無料であること:補償が手厚くても、維持費がかかるなら意味がありません
  • 補償が自動付帯であること:旅行の決済に利用しないと補償がおりないカードがあります
  • カード会社が同一のカード付帯保険は合算できない:VISA、Mastercard、JCBなど、別ブランドが必要

それでは、こちらも順番に確認していきましょう。

 

3-1.自動付帯と利用付帯

クレジットカードに付帯した旅行保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

  • 自動付帯:もっているだけで万一のときに補償を受けることができる
  • 利用付帯:旅行代金の決済に使ってはじめて、万一のときに補償を受けることができる

利用付帯とは、例えば楽天カードがそれにあたります。

ですが、これはデメリットでもなんでもありません。メインで利用しているカードが利用付帯なら、それで支払いポイントを貯めましょう。要するに、メインカードは利用付帯でも構わないので、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のサブカードを複数枚もてばいいのです。

 

 

3-2.年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のサブカード
  • 年会費無料
  • 海外旅行保険が自動付帯で高額である

この条件を満たすクレジットカードはいくつかありますのでご紹介しましょう。

カード名 傷害・
疾病治療
携行品
損害
傷害死亡・
後遺障害
賠償責任 救援者
費用
キャッシュレス
診療
 備考
エポスカード 200.270 20 500 2000 100 OK お勧め VISA
横浜インビテーションカード 200 20 2000 2000 200 OK お勧め  VISA/JCB
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
300 30 3000 3000 200 OK お勧め 初年度年会費無料。以後3000円。ただし、 25歳以下・学生の方なら最適。年会費が26歳まで無料キャンペーン中 
REXカード 200 20 2000 2000 200 OK お勧め VISA

2500円/初年無料/条件付き翌年無料。高還元率1.5%

UCカード 150 20 2000 2000 100 OK  年会費無料で家族の補償も自動で付く唯一のカード

VISA/Master

楽天カード 200 20 2000 2000 200 NG  利用付帯。キャッシュレス診療がNGなので注意が必要。

VISA/Master/JCB

 

 

 

4.カードを申し込む前の準備!

年会費無料で高額の海外旅行保険が自動付帯されたクレジットカード。これをさっそく申し込むわけですが、その前に準備が必要です。

  1. いちどに申し込むと審査に通りにくい
  2. カード会社のキャンペーンを確認
  3. 広告サイトからポイントがもらえる

 

1.カード会社になった気持ちで想像すればわかると思いますが、いちどに申し込むと審査に通りにくいからです。基本的に、月に2枚以上はオススメしていません。したがって、カードが発行された翌月、あらためてカード発行を申し込むべきです。

 

2.楽天カードのテレビCMでご存知のように、カードの発行でポイントがもらえます。例えば、この記事を書いている時点では、楽天カードが発行されると〝楽天から″8000ポイントもらえます。

今現在、他のカード発行でもポイントがもらえるものもありますし、もらえないものもあります。ですが、これは時期が変わるとキャンペーンが始まったり、終わったりしますので、まずはキャンペーンポイントがもらえるものから申し込むのがお勧めです。

 

カード名 新規入会でもらえるポイント(記事時点で)
エポスカード  
横浜インビテーションカード  
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
 なし
REXカード   
UCカード  なし
楽天カード  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.広告サイトからポイントがもらえる

以下の表をご覧ください。

実は、カードが発行されると上図のように発行元からポイントがもらえますが、 広告サイト、ハピタスやPONEYを経由してカード発行をすると 、下図のようなポイントがもらえます。(左 ハピタスは1ポイント=1円 PONEYは100ポイント=1円

  • エポスカード:ハピタスで4300円相当、PONEYは3200円相当。
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス:ハピタス2000円相当、PONEYは7000円相当のポイントをもらえます。

 

カード名 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。
エポスカード    
横浜インビテー

ションカード

   なし
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
   
REXカード    なし
UCカード  なし なし
楽天カード  なし  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ご覧いただいてお解りのように、カードによっては広告の取り扱いがないケースもあります。そして、これらの ポイントは楽天EdyやTポイント、マイル、現金などに交換する ことができます。単にこの広告サイトを経由する、たったそれだけのことで、です。しかも、カード発行企業のポイントも併せてもらえますから…

例えば 楽天カードの発行なら、楽天から8000ポイント。PONEYを経由することでさらに8000ポイントと、合計で16000ポイントがもらえます 。なので、まずは以下よりハピタスとPONEYに会員登録をしましょう。

 

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

準備ができたところで、お勧めの組み合わせをご紹介しましょう。

 

4.海外旅行保険付帯クレジットカードお勧めの組み合わせ

今までご紹介したカードでは、次の組み合わせがお勧めです。

 

1.合算例:すべて年会費無料の組み合わせ

エポス(VISA)+横浜インビテーション(JCB)+楽天(Master)

カード名 事故死亡・後遺障害 ケガ病気治療費用 賠償責任 持ち物
の損害
救援者
費用
カード発行

ポイント

広告サイトの

ポイント

エポスカード 500 200/270 2000 20 100 2000 ハピタス 4300
横浜インビテーションカード 2000 200 2000 20 200 1000 ハピタス 770
楽天カード 2000 200 2000 20 200 8000 PONEY 8000
最も多いものが限度 加算 加算 加算 加算
合計 2000 600/670 6000 60 500 11000 13300

※ カード発行を広告サイトから行うと、24300ポイントたまります。

 

2.合算例:アメリカン・エキスプレスの特典を活用

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費3,000円+税で、ゴールドカード並みの海外・国内旅行保険が付帯します。 海外旅行からのご帰国時に、空港からご自宅まで、カード会員様お一人につきスーツケースなどの手荷物1個を無料で配送してくれます。

エポス(VISA)+アメリカン・エキスプレス+楽天(JCBまたはMaster)

カード名 事故死亡・後遺障害 ケガ病気治療費用 賠償責任 持ち物
の損害
救援者
費用
カード発行

ポイント

広告サイトの

ポイント

エポスカード 500 200/270 2000 20 100 2000 ハピタス 4300
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
3000 300 3000 30 200  なし PONEY 7000
楽天カード 2000 200 2000 20 200 8000 PONEY 8000
最も多いものが限度 加算 加算 加算 加算 加算 加算
合計 3000 700/770 7000 70 500 10000 19300

 

 

 

 

 

※ 広告サイトを利用してカードを発行すると、29300ポイントたまります。

 

 

3.ANAマイラー向け

ANAダイナースカードは、ANAグループでポイントが2倍とマイルがガンガン貯まります。

ANAダイナース+エポス(VISA)+横浜インビテーション(JCB)+楽天(Master)

カード名 事故死亡・後遺障害 ケガ病気治療費用 賠償責任 持ち物
の損害
救援者
費用
カード発行

ポイント

広告サイトの

ポイント

エポスカード 500 200/270 2000 20 100 2000 ハピタス 4300
横浜インビテーションカード 2000 200 2000 20 200 1000 ハピタス 770
楽天カード 2000 200 2000 20 200 8000 PONEY 8000
ANAダイナース 1億 300 1億 50 400
最も多いものが限度 加算 加算 加算 加算 4500マイルプレゼント ハピタスで5000ポイント
合計 1億 900/970 1億6千 110 900 15500 18300

※ 広告サイトを利用してカード発行をすると、33800ポイントたまります。

 

4.すべてのブランドをそろえる-ANAマイラー向け

3の組み合わせに、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスを加え、すべてのブランドから満遍なく補償をとりつけます。

ANAダイナース+アメリカン・エキスプレス+エポス(VISA)+横浜インビテーション(JCB)+楽天(Master)

カード名

 

事故死亡・後遺障害 ケガ病気治療費用 賠償責任 持ち物
の損害
救援者
費用
カード発行

ポイント

広告サイトの

ポイント

エポスカード 500 200/270 2000 20 100 2000 ハピタス 4300
横浜インビテーションカード 2000 200 2000 20 200 1000 ハピタス 770
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
3000 300 3000 30 200 なし PONEY 7000
楽天カード 2000 200 2000 20 200 8000 PONEY 8000
ANAダイナース 1億 300 1億 50 400 4500マイル ハピタス

5000

最も多いものが限度 加算 加算 加算 加算
合計 1億 1200/1270 1億9千 140 1100 15500 25070

※ 広告サイトを利用してカード発行をすると、45700ポイントたまります。

 

5.エグゼクティブコース

補償の手厚いブラックカード、ダイナースプレミアムカード(ダイナースカードを使っていると、インビテーションが届くと申し込むことができます)を取り入れたプランです。ダイナースプレミアムカードは、100円で2ポイントが貯まりますから、文字通り日本最高でポイントが貯まるカードです。

※ 4のANAダイナースカードを入れ替え

ダイナースプレミアム+アメリカン・エキスプレス+エポス(VISA)+横浜インビテーション(JCB)+楽天(Master)

カード名

 

 

 

事故死亡・後遺障害 ケガ病気治療費用 賠償責任 持ち物
の損害
救援者
費用
カード発行

ポイント

広告サイトの

ポイント

エポスカード 500 200/270 2000 20 100 2000 ハピタス 4300
横浜インビテーションカード 2000 200 2000 20 200 1000 ハピタス 770
セゾンブルー・
アメリカン・
エキスプレス
3000 300 3000 30 200 なし PONEY 7000
楽天カード 2000 200 2000 20 200 8000 PONEY 8000
ダイナース

プレミアム

1億 1000 1億 100 500 なし なし
最も多いものが限度 加算 加算 加算 加算
合計 1億 1900/1970 1億9千 190 1200 11000 20070

 

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、ケガや病気など医療費補償がゴールドカードでも300万程度にすぎません。この金額では、医療費の高い海外の手術や入院費はとてもまかなうことができません。この記事を書いた私としては、せめてご紹介した プランの3:ケガや病気治療費総額900/970万、できれば4:1200/1270万は用意しておくべき かと考えています。ただし、これは若い方の単純な旅行のケースです。

 

例えば、国内でもスノ―ボードで骨折したという話は誰もが一度くらい耳にしたことがあるでしょう。そしてこの骨折も、その箇所によっては長期の入院が必要となります。したがって、カナダなどにスノボ旅行をするのなら、クレジットカードで上記3か4のプランを用意した上で、 旅行保険を追加するのが無難 でしょう。

 

また、年配の方が海外で脳梗塞や心疾患を発症した話も、私は多々耳にしています。これは長時間のフライトによるエコノミー症候群がきっかけです。したがって、個人差があるので一概には言えませんが、60歳以上の方もまた、同じように旅行保険を追加するべきだと考えます。 子供に金銭的迷惑はかけれませんから 

 

なかには「確率論からケガや病気の治療費は400~500万程度でかまわない」と、クレジットカードの海外旅行保険について謳っているサイトもあるようです。確かに、医療費で数千万は極めてマレでしょう。しかし、ここで確率の話をしても意味がありません。 万一、あなたにそんなアクシデントが降りかかったとき、必要な保険に入っていなければ…、その為の保険です。 

2でご紹介したように、クレジットカード付帯の保険で補償内容が不足している部分のみ一般の海外旅行傷害保険を追加して契約することもできます。必要な補償だけを選べるバラ売り商品がありますから、これらをうまく活用して「安心」を買ってください。